So-net無料ブログ作成
検索選択



◇◆非婚について ブログトップ

非婚者・独身者として生きる時に準備しておきたいこと [◇◆非婚について]

「非婚者」の中には、いわゆる「天涯孤独で独身の非婚者」もいれば「パートナーや庇護者がいる非婚者」もいますが、ここでは、基本的に自分のことは自分でしなければならない「非婚者」と「独身者」について記します。


◆「非婚者」「独身者」で生きる時に準備すること
まず、1人で生きていくための準備が必要です。よく問題となるのは、下記の事項のようです。

(1)経済力
仕事・資産 (日常生活のため)
休業・失業時の備え(病気・障害・社会情勢など) 
自分の老後の備え (介護など)
その他のための貯金       

(2)保険etc
公的年金保険
健康保険  
最低限の任意保険

(3)住居
持ち家・家賃の確保/終の棲家について

(4)親の問題
介護・医療負担・家計・住居・墓の後継 

(5)人との交流(楽しみ・相談のため)
友人・知人・兄弟・親族



◆独身者となる可能性
現在、65歳以上の女性の約半分の人に、80歳代になると約8割には配偶者がいない(≒独身者)そうです。また、近年では離婚者も増えていますので、一度結婚したとしても、再び独身者になる可能性はそれほど低くはないようです。

そこで、非婚者でない場合でも、自分or自分のパートナーや家族が独りで生きることになった場合について、少しだけ考えておくのは大切なことかもしれません


 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

非婚と未婚の違い・非婚者の実態 [◇◆非婚について]

◆非婚 と未婚 の 違い
一般的に、非婚と未婚は、次のように区別されるようです。

未婚 =「結婚する意思あり」の独身者

非婚 =「結婚する意志なし」の独身者 


総務省「国勢調査」などをもとに、年齢別未婚率というものが分かりますが、未婚(晩婚)なのか非婚なのかの区別はできません。
ただ、男性の場合は40代、女性の場合は30代後半の未婚率が、それぞれ生涯非婚率とあまり差がないようです。つまり、男性は40代頃、女性は30代後半頃に未婚の方の場合、生涯非婚となりやすい傾向があるようです。


◆非婚者の実態
女性と男性とでは、非婚者となった理由や経緯が異なると言われているようです。 

女性:自分の意思で非婚を選ぶ人が多い

男性:結婚したかったが、何らかの理由で結果的に結婚できなかった人が多い
もっとも、最近では若年層の男性に、自分の意思で非婚を選ぶ方々が増えているようです。
結婚したいと思っている男性は、なるべく早めに早めに婚活する必要があるそうです。


(1)独身の非婚者
ペットを自分の家族として一緒に暮らしたり、非婚者同士 の コミュニティ等に参加したりして、自由で充実した人生をおくっている人も 多いそうです。この方々が非婚を選択した理由には、次のようなものがあるようです。

・結婚したい相手とめぐり合えなかった。
・仕事などで忙しく、気がついたら高齢になっていた。
・異性と、上手に付き合えない。
・年収・居住地域・親との同居など、条件が悪くて結婚できなかった。
・個人として生きていきたい。


(2)パートナーなどがいる非婚者
パートナーと共同生活をおくる方々の場合、両者に「結婚の意志がない」ので事実婚にはあたりません。
この方々が非婚を選択した理由には、次のようなものがあるようです。

・「結婚」という言葉を受け入れられない。
・個人としてみてほしい。
・いつか「結婚」するかもしれない。
・結婚かどうか、パートナーと話し合っていない。
・「結婚」によって相手を束縛したくない。
・共同体として生きたい。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
◇◆非婚について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。