So-net無料ブログ作成
検索選択



 筆跡で開運する ブログトップ

筆跡で「開運する」方法(開運、金運、仕事運、恋愛運など) [ 筆跡で開運する]

◆「状況を好転させる」ために
金運、仕事運、恋愛運、対人運など、あらゆる面の開運を願うなら、これです。

特徴:「へん」と「つくり」の間を広くあける


たとえば、時代の「代」という文字を書いてみます。(1)と(2)を比べると、(2)の方がピンクの部分が広くなっていますよね。他の文字でも、この(2)のように書くと「運が開ける」そうです。


(1)
筆跡診断(代)せまい.jpg





(2)
筆跡診断(代).jpg





◆意味
「へん」と「つくり」の間にある空間(上記(2)のピンクの部分)は、心の広さを表し、この空間が広いほど、あらゆるものを広く多く受け入れる傾向があるそうです。

また、この空間は、多くのエネルギーが流れる道なので、道が広いほど多くのものが通って物事が活性化しやすいのだそうです。

※何から開運すればよいか迷っているなら、まず、この書きグセからマスターすると良いみたいですよ。



◆関連記事
◆筆跡を変えて運を変える
筆跡で運を変えてみたい人へ(プロローグ編)










nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

筆跡で運を変えてみたい人へ(プロローグ編) [ 筆跡で開運する]

◆自分の文字を知る
いつも、どんな文字を書いていますか?

使い慣れたペンで、テーブルの上で普通に文字を書いてみて下さい。リラックスするまで、何度か書くと良いと思います。

上手に書く必要はないですし、書くたびに少し文字のカタチが変わってもOKです。気分や体調で、文字も微妙に変わるようです。



◆運を手に入れるために
まず、記事「筆跡を変えて運を変える」でご紹介した中から、自分の欲しい「運」を招く書きグセ(筆跡の特徴)と、自分の書きグセの違いをよく見て下さい

そして、自分の書きグセを、欲しい「運」を招く新しい書きグセに変えましょう

書きグセは簡単に変わらないので、ゆっくりと何度か練習してみてください。最初は不格好でも、慣れれば形も整います。もっとも、「運」を手に入れることと、上手に書くことはあまり関係ないのでご心配なく。


新しい書きグセは、毎日練習して身につけるのがベストですが、難しい場合は、文字を書く時だけでも新しい書きグセで丁寧に書いてくださいね。
意識して書けば、そのうちに文字は変わります。文字を書く機会をわざと増やすのも良いと思います。

なお、新しく取り入れる書きグセの数は、多くても3つ位までにした方が良いようです。あまり多いと、文字を書くのが難しくなって、とても身に付かないです。



◆運の変化はいつ頃?
新しい書きグセがすっかり身に着いた頃、変化が起こるかもしれません。

私は、「文字が変わったね」と言われた頃、仕事の出来高が増えていました。書きグセを変えたことが原因かどうかはわかりませんが、今まで気付かなかった部分を丁寧に見るクセはついたかもしれません・・・。(^^)


皆さんにも、良いことがありますように。 Toi, toi, toi![ぴかぴか(新しい)] 




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

筆跡診断で、何が分かり、どう利用できるのか [ 筆跡で開運する]

筆跡診断という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。筆跡診断は、筆跡鑑定と混同されることもあるようですが、両者はまったく異なるものです。(参考記事はこちら

筆跡診断では、何がどのように診断されて、それをどう利用することができるかについて記します。






※ この記事の続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

筆跡鑑定と筆跡診断との違い [ 筆跡で開運する]

◆筆跡鑑定とは
筆跡鑑定とは、複数の筆跡について、それを書いた筆者が同じか別人かを識別するもので、鑑定人や鑑定方法(視覚的分析法・科学的解析法など)は様々のようです。

なお、筆跡鑑定人の世界では、警察関係研究者が最も信頼度が高いと評されこともあるようです。特に科捜研鑑定(吉田鑑定のような科学的解析法、数値的解析法など)と呼ばれるものは、刑事事件(脅迫状・文書偽造など)や遺言書の鑑定などのために裁判で利用される鑑定法なのだそうです。
科捜研(=科学捜査研究所/都道府県警察本部の刑事部などに設けられる機関)



◆筆跡鑑定と筆跡診断との違い
筆跡鑑定では、上記のように「複数の筆跡の筆者が同じか別人かを識別する」もので、筆跡から人格、性別、年齢、職業などを識別しうる学術的検査方法については確立されていません


これに対して、筆跡診断では、筆跡鑑定のように複数の筆跡の筆者が同じか別人かを識別するのではなく、人が書いた文字のクセ、つまり文字の特徴や傾向から、その人の性格、考え方、行動の特徴や傾向を読み取るものです。

よって、筆跡診断と筆跡鑑定とはまったく異なるものです。







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

筆跡診断・筆跡診断士とは [ 筆跡で開運する]

◆筆跡診断とは
筆跡診断というのを耳にされたこともあると思いますが、手相・風水ほどメジャーではないように思います。

この筆跡診断とは、人が書いた文字のクセ、つまり文字の特徴や傾向から、その人の性格、考え方、行動の特徴や傾向を読み取るものなのだそうです。

日本では、この筆跡診断に関して「筆跡診断士協会」というのが設立(1994年1月)されています。



◆筆跡診断士の仕事
筆跡診断士協会」によると、筆跡診断士は次のような仕事を行っているそうです。

(1)筆跡を分析して、書いた人の性格・金銭面・愛情面・健康面・職業適正等を推定する。

(2)企業からの依頼で、人事採用時に筆跡に表れる行動特性を参考意見として提供する。

(3)人事配置、営業活動等への応用で企業活動に貢献する。

(4)進路指導等教育面に貢献 する。

(5)相性等人間関係面での相談に応じる。






nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
 筆跡で開運する ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。