So-net無料ブログ作成
検索選択



婚活・就活・資格試験などで大切な3つのこと/自己効力感 [◇◆心理学・サイエンス]

◆自己効力感について


自己効力感(※Self-efficacy)とは、簡単に言うと、「ある具体的な状況において、自分だったら、頑張れば望みが叶う!」ということを信じる感覚のことだそうです。(※心理学者 Bandura,Aが提唱)

この自己効力感を強く感じられる時、人は「希望」を持つことができますが、自己効力感を失うと、「絶望」に近い感覚を抱くようです。








◆3つの大切なこと


(1)自己効力感を低下させないようにケアする
大人になると、「頑張れば叶う」ことばかりではないことを経験しますよね。


特に、「自分は頑張っても上手くいかないのに、頑張っていない人が上手くいっている」状況を目の当たりにするのは婚活かもしれません。

婚活・就活資格試験では、自分がそれらに関わっている限り、長期的にストレスにさらされます。

人間の脳は、「小さくて長期的なストレス」の方が、「大きくて短期的なショック」よりも弱いといわれており、毎日くり返し感じるストレスにより本来の能力も出せなくなるケースもあるそうです。

例えば、毎日「今ひとつ、うまくいかない・・」とクヨクヨ考え続けた結果、自己効力感が低下し、次のような悪影響が言動や外見に現われることがあるようです。


●特定の話題になると、「伏目がち」になる。
●物事への興味がわかなくなったり、会話がはずまなくなる。
●相手の言動を深読みするようになり、疲れやすくなる。
●会話の中で、激しい反応(トゲのある言葉など)をしやすくなる。


特に、婚活や就活において対人関係は重要なので、言動や外見に現われた悪影響が、致命的な結果を導くこともあるでしょう。

そして、自己効力感が低くなったせいで良くない結果を招くようになると、さらに自己効力感が低下していくという悪循環に陥りやすくなるようです。



そこで、自分の願いを叶えるためには、「自己効力感」を低下させないように自分をケアすることがとても大切だと思われます。


具体的には、次のようなケアが効果的のようです。

 ● 成功体験をすること
 ● 信頼できる人に、言語的な励ましを受ける
 ● 成功している姿を想像すること


※「成功体験」は、本命の願望以外の日常のささいなことでOKのようです。必ずクリアできる小さな目標を立て、短期間で必ずクリアすることを続けると、自己効力感を高めていくことができるようです。
(例:筋トレ、整理整頓、ダイエット、趣味などでもOK)

結婚情報サービスからお見合いパーティーまで!安心・リーズナブル!





(2)期限を決める
「あきらめない」ことも大切ですが、長期的なストレスにさらされた状態で、うまくいかないことに囚われるのは、あまり良いことではありません。

心の区切りをつける期限を決めて、期限までの間は、適切な方法でしっかり努力した方が、心にも体にも良いようです。




(3)最初の目標が達成しなくても、幸せになれる
婚活・就活・資格試験では、自分の願いが必ず叶うとは限りません。自分の願いが叶わないのは残念なことですが、「その願いが叶わなければ、自分はダメ、不幸になる」などと考えない方が良いようです。

ある瞬間に願いが叶ったとしても、その後にどのような展開になるかは、わかりませんよね。


世の中で成功するのは、コンクールで2位などだった人が、けっこう多いそうです。


願いが叶っても、叶わなくても、それだけで人生が完全に決まるわけではなく、そこからどう進むかの方が、重要なのかもしれません。

なお、目標に向かって進んでいる時に、失敗することを想像して「こうなったらどうしよう」と考えると、失敗しやすくなるそうですので、気をつけてくださいね。


希望が叶うのは素適なことですが、それに囚われすぎないように自分をコントロールするのが、賢明のようです。


最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ) ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話 君に成功を贈る








nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。