So-net無料ブログ作成
検索選択



結納返しと相場 [ 結納]

結納返しとは
結納返し(「御袴料」)とは、先方から戴いた結納に対し、お礼の意味を込めてお返しすること。
結納返しでは、頂いた結納品よりも豪華な物を選んではいけません。なお、結納返しは、現金で行う場合と品物で行う場合とがあります。

また、結納金代わりに記念品を贈られたときは、それの半額程度の金額の記念品を贈ることが多いようです。


結納返しは、地方・家庭により随分異なるようですが、関東では「半返し」、関西では「1割返し」などと言われることが多いようです。もっとも、関西では、結納時ではなく嫁入り時に3分の1程度をおみやげとして持っていく慣わしがあったようです。

現在では、最初から女性の「結納返しは、なし」として、半返し分や、3分の1のおみやげ分を差し引いた結納金を、男性側が贈ることも多いようです。



◆結納返しの相場
現金の場合、東日本では結納金対して半分~3割前後(30~50万円前後)、西日本では結納金に対して2割以下(15~30万円前後)と、東日本より西日本の方が低いようです。

品物での結納返しは、全国的にみてもほぼ同じ程度で、約20万円前後のようです。

なお、金額についての正確な資料があるわけではないので、あくまで目安として考え、ご両家・仲人の方と相談して決めるのが良いようです。



結納と結婚しきたりがわかる本―覚えておきたい作法から気になる費用まですべてがわかる 塩狩峠 (新潮文庫) イギリス式結婚狂騒曲―駆け落ちは馬車に乗って (中公新書)


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。