So-net無料ブログ作成



神社のお参りの方法/初詣・祈願・厄除け・縁結び [ パワースポット]

◆神社のお参りの方法
(1)一礼して鳥居をくぐる
鳥居は、神社の中と外、つまり俗界と境内とのを区切る神門。
鳥居より内側は、神様がお鎮まりになる御神域・聖域なので、身なりを整えて軽いお辞儀をしてから入場するようにします。


(2)真ん中をよけて、参道を歩く
参道(「参る道」)は、神様と人とを結びつける道。そして、参道の真ん中(正中)は、神様が通るところなので、清清しい気持ちで端を歩くのが礼儀です。


(3)手水舎(ちょうずや・てみずや)で手と口を清める
神様がいらっしゃる最も神聖な区域に進む前に、身をすすぐため、清水で手と口を清めます。

1:右手に柄杓を取って、左手を洗う
2:左手に柄杓を取って、右手も洗う
3:もう一度右手に柄杓を取って、左手に水をため、そこで口をすすぐ
4:水を、左手に流す
5:残ったお水で柄杓を立てにして、柄杓の柄に水を流す

柄杓に、直接口をつけてはいけません


(4)そっと、お賽銭を入れる
お金を放ると神様に失礼なので、そっとお賽銭箱にお金を入れます。
賽銭は、神を信仰し敬う心を表すものであり、祈願が成就したことへの奉賽(お礼と喜びを申す)の印です。


(5)鈴を鳴らす
鈴には、もともと呪力があると考えられており、お祓いの意味があります。


(6)神様へのご挨拶(拝礼)
身体で最も重要な頭を下げて神様に崇敬を示し、拍手を打って賞賛・喜びを示し、神様を讃えて感謝します。

1:90度の角度で二度頭を下げる(二礼)
→人間同士の挨拶では一度頭を下げますが、神様には、敬意を表すために、再度(合計2回)頭を下げます。

2:胸の前で二拍手(その後、手を合わせて感謝の祈り+お願いごと
→二拍手するのは、自分の願いを神様に伝える作法。両手を合わせた後に右手をずらして、二拍手をし、その後に手を合わせます。(右手は体・左手は心と考え、体を一歩下げて神様に敬意を表す)

3:再度、90度の角度で頭を下げる(一拝)
→神様に対し、感謝とこれからの祈りをこめた締めくくりのご挨拶。

※出雲大社は2礼4拍手1礼
《PR》「夜景が楽しめるホテルプラン



◆「お願いごと」をする時の注意
1:まず、「現在、元気にいることなど」の感謝を神様に伝えます。
2:自分のお願いことをします。(自分の努力も忘れずに
3:自分の名前と住所をお伝えする。
4:おみくじを引く予定の方は、「おみくじを引くので、メッセージをお願いします」とお祈りします。
《PR》占いの館


関連記事
◆願いを叶えるために
パワースポット
 神社のお参りの仕方
 出会いを招き、恋を叶える縁結びのパワースポット/東京大神宮
 悪縁を断ち切る縁切りのパワースポット/安井金比羅宮
 美人になるためのパワースポット/泉涌寺・厳島神社(美人弁天)


筆跡を変えて運を変える
 筆跡診断・筆跡診断士とは筆跡鑑定と筆跡診断との違い
 筆跡で運を変えてみたい人へ(プロローグ編)
 「とにかく開運する」方法





自祓い(じばらい)―最近ついていないと思ったら― voice style vol.2 パワースポット 神社 神社のススメ 1 (アフタヌーンKC)






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。