So-net無料ブログ作成
検索選択



結納金と相場 [ 結納]

◆結納金について
結納金は、新郎側からの結納品の一つです。

昔は、「花嫁衣装に」という意味で着物の小袖を贈っていたため、結納金のことを小袖料と言ったようです。しかし、「このお金で花嫁支度をして下さい」という意味で現金を贈るようになったため、「結納金」と称するようになったようです。結納品の目録に、「結納金」ではなく、「帯地料」「小袖料」「御帯料」などと書かれているのは、その名残です。

近年では、さらに結納金の代わりに、婚約指輪を贈ったり婚約記念品を交換するケースも増えています。また、結納金に対しては新婦側から結納返しがなされることが多いのですが、両者の話し合いなどで、この結納返しをなくして結納金の金額を減らして合理的にするケースも増えています。




◆結納金の相場
結納金は、金額が決まっているわけではなく、各人の経済力などを考慮して、精いっぱいの気持ちを包むべきもののようです。
もっとも、やはり相場はあるようなので、一応、記しておきます。なお、結納金の相場は、地方や様式によっても異なるので、あくまで目安として考えて下さいね。


一般的に、結納金の金額の目安は、月収の2~3倍程度と言われているようです。
金額で言うと、100万円、50万円程度(婿養子の場合は、100万円以上)のことが多いようです。


その他の金額の場合では、300万、70万、30万などのように端数がない「きりのよい金額」で「奇数」が好まれています。(偶数は「割り切れる・分ける・別れる」という意味から、縁起がよくないそうです)


結納品や結納金をご近所に披露する地域もあるようですし、結納品・結納金は、両家や仲人を入れて相談をする方々が多いようです。


なお、結納金には新札を使いますので、早めに銀行に依頼した方が良いようです。








nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。