So-net無料ブログ作成
検索選択



関西式の結納(関西、中部、中国、四国、九州地方など) [ 結納]

結納は、地域などによって異なり、大きく分けると関東式と関西式の2種類があります。ここでは、関西式の代表的な結納について記します。

◆関西式の代表的な結納について
関西の結納は、公家発祥の結納と言われ、華やかできらびやかです。

男性(新郎)側が女性(新婦)側を、しっかりリードするという風に考えられています。。よって、関西では、結納品は男性側から女性側へ贈るものであり、「結納を納める」と表現されています。

関西式の結納は、石川県、岐阜県、愛知県を含めた西日本、つまり関西、中部、中国、四国、九州地方などで行われていることが多いようです。もっとも、高知県、沖縄は関東式で行われているようです。(地域だけでなく、家庭によっても異なります)







◆関西式の代表的な結納品について
結納品は、白木の献上台に1品ずつ置かれるため、結納品の数だけ白木台が用いられます。松竹梅・鶴亀といった結納飾りが施されて、華やかに配置されます。特に、中部・九州地方では豪華な品物が選ばれる傾向にあるようです。

関西式では、厳格には品数が決まっていませんが、偶数は縁起が悪いとされ、5~9品目の奇数が一般的です。(11品目以上の場合もあるようです。)

お品は、目録と、帯料・柳樽料・松魚料・熨斗・寿恵広の5品目が基本です。7品目なら高砂・結美和が、9品目なら寿留女・子生婦・が加えられるのが一般的です。(呼び名は地域で異なります)


どのランクにするかは、双方で話し合い同じような品物を選ぶ方がバランスがとれて良いと思います。結納品は、デパートのブライダルサロンなどでも取り揃えてありますし、相談だけでも気軽にできます。







nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。