So-net無料ブログ作成



ブラッド・ダイヤモンド(紛争ダイヤモンド)について [◇◆宝石について]

◆映画「ブラッド・ダイヤモンド」について


アフリカのシエラレオネ共和国での内戦(1991-2000年)で、紛争の資金調達のために不法取引されるダイヤモンド(=ブラッド・ダイヤモンド)を巡る社会派アクション。

ブラッド・ダイヤモンドの代金は、反乱軍の武器購入費にあてられており、内戦を長引かせる原因の一つとなっているため、紛争ダイヤを買わないようにしよう、、というのが映画テーマ。

レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスーなどが出演するアメリカ映画(2006年制作)で、“ブラッド・ダイヤモンド”(=紛争ダイヤモンド)の現実に言及した内容に、米国務省が批判したことでも話題となった問題作です。



ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版) [DVD] ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版)
元傭兵でダイヤの密売人(ディカプリオ)が、巨大なピンクダイヤを隠し持つ漁師(ジャイモン・フンスー)を知る一方、やり手の女性ジャーナリスト(ジェニファー・コネリー)は、反政府組織“RUF”の資金源の“ブラッド・ダイヤモンド”の真相を探っていた。
そして、1つのダイヤが、立場も思惑も違う三人を引き寄せ、結びつけていくことに・・・。


第77回(2006年)ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞
第79回(2006年度)アカデミー賞 など




※その他、「ブラッド・ダイヤモンド」が登場する映画
●映画「ロード・オブ・ウォー
●映画「007 / ダイ・アナザー・デイ









◆ブラッド・ダイヤモンド(=紛争ダイヤモンド)


ブラッド・ダイヤモンド(=コンクリフト・ダイヤモンド、紛争ダイヤモンド)」という呼び名は、ネーミング自体が不吉な感じですよね。

このダイヤモンドは、ダイヤモンド産出国において、反政府組織が 武器の代金を確保するためにダイヤモンド鉱山を占領・制圧して採掘したダイヤモンド原石です。
 
反政府軍は、このダイヤモンドを売却た代金(ダイヤモンドを購入する先進国の外貨)を利用して さらに武装勢力を増していくので、内戦が長期化・深刻化していくことになります。そこで、「ブラッド(血)」の名が付けられたようです。


映画「ブラッド・ダイヤモンド」では、やや誇張されて表現された部分があるかもしれませんが、ダイヤモンドが紛争の財源となっていたのは事実です。

そこで、2000年に、ダイヤモンド産業に関わる国家間によって 南アフリカ・キンバリーの会議で「紛争の資金源になっているダイヤモンドの不正取引を阻止する国際認証制度(=キンバリー・プロセス)」が取り決められました。

日本は、2003年にこの制度を導入しているので、現在の日本に、ブラッド・ダイヤモンドが輸入される事はほぼ無いと考えてよさそうです。

宝石店によっては、HP等で「ブラッド・ダイヤモンド」に関して説明していることもありますので、参考にしてみてください。


なお、(社)日本ジュエリー協会によると「南部アフリカ諸国では、主要資源であるダイヤモンド産業が 経済、医療、教育、インフラ整備などに役立っており、世界で販売されるダイヤモンドが、原産国の人々の生活をうるおしている」とのことです。 
詳しい事情について確かなことはわかりませんが、そうであって欲しいです[ぴかぴか(新しい)]


ダイヤモンド―輝きへの欲望と挑戦 ダイヤモンド―輝きへの欲望と挑戦

ダイヤモンドの不思議な性質、歴史上の有名人物を次々と虜にしたいわく付きダイヤの数々、ダイヤモンド産業の歴史や構造(内幕)などが丁寧に書かれています。ハイレベルの名著だと思います






 Advertising

 ウェディングマイフィギュア http://www.myfigure.jp/
 一生の記念に最適!ふたりだけのブライダルフィギュア






nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。