So-net無料ブログ作成
検索選択



宝石の鑑定書 [◇◆宝石について]

鑑定


ダイヤモンドのみに発行される証明書で、別名グレーディングレポートとも呼ばれています。

認可された鑑定・鑑別機関によって発行され、ダイヤモンドの品質のグレードや形状、正確な寸法、研磨状態、左右対称性の等級など、重要な特徴が示されています。

ダイヤモンドには、鑑定書が付いているものと、鑑定書が付いていないものがあります。この鑑別書は、ダイヤモンドの状態を知る有効な手段ですし、盗難や紛失の際の大きな手がかりとなり得るものです。そこで、ダイヤモンドを購入する時には、鑑定書を付けてもらった方が良いでしょう。

もっとも、天然宝石の多様化とともに合成技術も著しく進歩したため、宝石の鑑別・グレーディングには高度の専門知識と経験が必要となっています。特に、ダイヤモンドのグレード(=「ダイヤモンドの4C※」のこと)のうち、3つの「C」については、鑑定機関や鑑定士によって多少の差が生じる場合があります。また、宝石の鑑定士の資格は国家資格ではなく、鑑定書・鑑別書は誰でも発行することができます。
※4C=Carat(重さ)、Clarity(透明度)、Colour(色)、Cut(カット)


そこで、信頼できる鑑定機関の鑑別書を作成してもらうことが大切です。
※鑑定書が権威のある発行機関であるかどうかにより、価格に差が生じる場合もあるようです。


ダイヤモンド・ジュエリー入門


世界的に有名な鑑定書の発行機関としては、次のものが挙げられます。

HRD ( Hoge Raad voor Diamant )
GIA ( Gemological Institute of America )
・EGL ( European Gemological Laboratory )
・IGI ( International Gemmological Institute )

世界的に最も権威があるとされるのは、ベルギーのHRDと米国のGIAだといわれています。そして、日本の多くの鑑定機関は、GIA基準に基づいて日本語の鑑定書を発行しています。




 Advertising
 ティファニー専門オンラインショップ http://www.saule.co.jp/
 ティファニーのアクセサリーを格安の価格で提供

 リサイクル・コンシェルジュ【ブランカスタ】  http://www.brankasta.com/
 洋服、ブランド、ギフトの買取に絶対の自信があり!

 1ヶ月レンタルなら、好きな時に何度でも交換できる http://www.orb-s.com/
 日本最大級 ブランドバックのネットレンタル






nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。