So-net無料ブログ作成
検索選択



日本での結婚のカタチ(種類/法律婚・国際結婚・事実婚・同性婚・契約結婚・別居婚など) [◇◆日本での結婚]

恋愛関係のある者同士が公的なパートナーとして一緒に生きていく形として、法律婚・国際結婚・事実婚 ・ 同性婚・等のように様々な結婚のカタチがあります。そして、この結婚のカタチに関する事情は各国で異ります。

ここでは、日本での結婚のカタチについて記します。


◆日本での結婚のカタチ
現在は多様な生き方が選ばれるようになっており、結婚のカタチも様々のようですが、よく知られているものについて記します。

まず、日本では、「結婚(婚姻)」と認められるためには、法律上の手続きが必要となっています。(=法律婚主義)この法律上の手続きとは、いわゆる婚姻届の提出です。(=形式的要件/その他、実質的要件も必要)


よって、日本において本人達が「結婚しました」と言っている場合、民法などの要件を満たしている時は、法律婚にあたり、それ以外の時は事実婚・同性婚などにあたると考えてよいと思います。

そして、日本での結婚のカタチはおおまかに分けると次のようになるようです。


(1)法律婚・国際結婚
(2)事実婚・同性婚
(3)契約結婚
(4)別居婚


すなわち、(1)の「法律婚」・「国際結婚」は、法律的に「婚姻」と認められた結婚のカタチとなります。

これに対して、(2)の「事実婚」・「同性婚」は、法律的に「婚姻」とは認められていませんが、社会的にはいわゆる「夫婦」として認められるものです。
つまり、事実婚は、いわゆる婚姻届を提出できるのに提出しない点で法律婚と異なります。そして、同性婚は、婚姻届を提出したくても役所に受理されないために提出していない点で、法律婚と異なります。(なお、同性婚で事実婚を希望されるカップルの場合については割愛します。)

※性同一性障害者のうち特定の要件を満たす方については、家庭裁判所の審判によって、法令上の性別の取扱いと、戸籍上の性別記載を変更できるようになっています。(性同一性障害者特例法/2004年施行)




事実婚の関連記事はこちらへ
同性婚の神前結婚式の記事はこちらへ



なお、(3)の「契約結婚」は、主に(1)の法律婚・国際結婚をする前(=結婚前)に夫婦間の役割分担などを取り決めた契約書(=プリナップ)を交した上で行う結婚のカタチです。



そして、(4)別居婚は、結婚している夫婦がそれぞれ別の住居で暮らす結婚のカタチで、(1)~(3)のいずれの結婚でもとり得る結婚の形です。





<参考書籍>

結婚の新しいかたち―フレキシブル結婚の時代 (宝島社新書)

結婚の新しいかたち―フレキシブル結婚の時代 (宝島社新書) Amazon.co.jp :内容(「BOOK」データベースより)
(中略) 従来の結婚観にとらわれない、柔軟な考え方で結婚する時代がやって来た!妻が仕事を続けても、一緒に住めずに離ればなれでも、家計が別々でも、籍が入れられなくても…きっと二人にぴったりの結婚のかたちが必ずあるはずだ。

Amazon.co.jp :内容(「MARC」データベースより)
(中略) 自らも「フレキシブル結婚」をする著者が、実情からメリット、デメリット、対処方法、実際の夫婦事例などを紹介する。




世界的にとても有名なオンラインショップ。 現在は、書籍だけでなくCDからキッチン用品まで様々な商品を扱っています。


有名誌からデジタル雑誌・業界向けのニッチな雑誌まで2,500誌以上を扱う雑誌のオンライン書店。 雑誌の記事全文から雑誌を検索できます。


中古書店で有名なBookOffのオンラインショップ。 現在は、書籍だけでなくCDからスポーツ用品まで様々な品物を扱っています。 古本だけでなく新書も多く取り扱い、買取から販売まで行っています。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。